MRになりたい場合はどうしたらよいかを解説します

MRとは、医療情報担当者の事を示します。医療用の薬品会社に所属しており、自社の医療品を医療従事者に営業をかけて提供し、情報のフィードバックを行う事を業務とする仕事です。もしくは特定の製薬会社などには属さずMRを専門として独立した企業もあり、自社のMRをエージェントとして業務を代行する会社もあります。実際にどんな仕事をしているか、具体的にお話しします。販売する医療品を必要とする業者を調べ、そこを訪問して薬品を営業します。間違えてはいけないのが、そこでの一番の目的です。薬品を売るのが第一の目的ではありません。MRの仕事は、使う薬品を選んで貰う事により、薬品の持つ有効性や安全性の情報を医療従事者に伝える事が本来の目的です。営業としての側面もありますが、主な目的は情報の密度と有効性を高めて売り手と買い手に伝達し、それを品質向上と利益に繋げていく仕事です。

MRを担う人間に期待される役割

MRが所属する企業の存続や業界そのものの発展の為にも、その役割を担う人間には多くの期待が寄せられます。自社の製品を効果的に売り出すには、製品自体の詳細をよく理解していなければいけません。他社の製品との差別化を図る為にも、他社製品との違いを理解し、それを営業のトークの中で目立たせて売り込む知識と話術が求められます。医療従事者に製品を販売した後も、医師や薬師が取り扱った時の感想や、薬品を使用した患者の反応などの多くの情報を収取し、それを自社にフィードバックして自社製品の品質改良に役立てます。人々の心身の健康に直接の影響を及ぼす仕事であり、社会的に貢献出来るやりがいと名誉ある仕事です。強い責任感と深い知識、現状に満足しない旺盛な知識欲を持つ積極的な人材こそが求められています。

MRになる為に今後必要とされるMR認定試験

MRになる為には、MR認定試験を受けて合格するのが近道です。MR認定試験は、国家資格や公的試験とは異なります。業界が自主的に設けた試験であり、医療知識の向上と意欲、良質で新鮮な知識を持った取得者を多く生み出すためのものです。必ずしもそれが無ければMRになれない訳では無いのですが、MR認定されていない業者の営業を受け入れない医療機関も増加している為、今後の事を考えれば取得しておきたい資格です。尚、資格者の質を落とさず向上心を持たせる意味合いで、五年間の資格有効期限があります。資格を更新する為には、MR認定センターが定めた教育研修の過程を修める必要がありますので、五年ごとに忘れずに受講する必要があります。どうしても都合が付かなかった場合には、同センターが行っている通信教育の研修に参加し、合格認定を受ける事が必須です。