MRがいるところや在籍しているところ

病院や病院関係でお仕事をしたいときによく耳にするのがMRというお仕事です。MRという仕事は、耳にするけれど実際には、どんな仕事を行っているのでしょうか。MRとは、Medical Representativeの略で医薬情報担当者と訳すことができます。病院の先生や薬剤師に自社の薬品に関する情報を提供する仕事を行っています。このように書くと薬に関する営業だと誤解されやすいのですが、薬を売る営業ではないのです。薬の品質、有効性、安全性に関する情報を病院の先生や薬剤師に提供をする仕事なのです。患者さんに適した薬を選んでもらうことが目的で自社の薬が選ばれることで売り上げに繋がっていくのです。病院に通っている患者さんにいかに合うのかと情報を提供することに力を入れている仕事なのです。

MRが在籍したり必要としたりする資格はあるのか

MRは薬についての情報を医療従事者に提供することが仕事内容の主なものなのですが、薬を扱っているなかで必要な資格などはあるのでしょうか。1993年にMRと総称されるようになってその4年後の1997年に医療知識の向上を図ることや良質なMRを育てるためにMR認定試験制度が導入されたのです。この試験は、自主認定試験のため国家試験とは一線を画しています。この資格がないとMRとして仕事ができないというわけではありません。しかし、最近ではMR認定証のないMRの営業訪問を禁止している医療機関も出てきているため、資格が必要となってきています。5年の期限があるため、5年ごとに更新を行っていかなければなりません。資格がないとMRになれないというわけではないため、MRになってから資格を獲得していく必要があります。

MRという仕事についての魅力とは

薬についての情報提供を行っていくMRの魅力とは何なのでしょうか。患者さんの命を守る薬の情報を提供するため、高度な専門知識のいるお仕事です。また、薬について常に勉強を行っていて医師とも話をするため常に自分がレベルアップできる仕事になっています。常に医療従事者に掛け合って話し合いを行うため、MRのお仕事は信頼関係に始まって信頼関係に終わるような仕事になっています。患者さんのための薬を提供していく仕事なので医療従事者からも感謝されて提供した薬を使用した患者さんにも感謝される仕事になっています。他には、研究者が一所懸命研究して開発した新薬を使って難しかった治療の病気に希望の光が見えたとき、MRという仕事は、とても社会貢献をすることができる仕事なのです。自分を常に向上させたい人や社会貢献をしたい人にはおすすめの仕事なのです。