優秀なMRになるために必要なこと

MRは、患者さんに使用する薬のことを最も理解しているプロです。病院の医者や看護師のように、実際に患者さんと会って話をすることはありませんので縁の下の力持ちといったところです。患者さん自体、MRについてはあまり詳しくは知らないでしょう。患者さんと間接的な関わりしか持てませんが、MRは医療の進歩や患者さんと患者さんの家族のためにとても重要な役割を担っていて、社会貢献度も高いのでとてもやりがいのある職業です。こんなに素晴らしい仕事なのですから、誇りを持った優秀なMRを目指しましょう。現在は、派遣会社から派遣されて製薬会社で働いている人もいます。MRがどんな仕事をしているのか気なっている人や、MRを目指す人のために、仕事の内容や役割、優秀なMRになるためにはどうしたらいいのかを解説していきます。

MRとしての重要な役割について

MRの役割は、自社製品の既存の薬やジェネリック医薬品または新薬の薬の使い方と効能、副作用などの薬の情報を知り、それを医師に伝えていくことです。患者さんが適切に薬を服用して回復していく手助けをしたり、ジェネリック医薬品によって薬価を下げたりすることで患者さんの負担を減らせることができます。また、製薬会社で薬の副作用についての研究は十分されてはいますが、個人差があります。もし患者さんに副作用があれば素早く製薬会社に報告します。厚生労働省にも報告をし、健康被害が広まらないように務めます。このように情報を医療機関に伝えるだけでなく、医療機関からも情報を収集してさらなる医薬の進歩に貢献していきます。患者さんとの直接的な関わりはなくても、患者さんの命を救うためにMRは無くてはならない存在です。

優秀なMRになるためのポイント

優秀なMRになるために、まずは自社製品の薬について時間を惜しまず勉強します。少しでも多くの患者さんを救うためには薬の情報をしっかりと理解し、医療機関に自社製品を使用してもらうことが大切です。自社製品を医療機関に取り扱ってもらうために、他の製薬会社のMRよりもたくさん訪問しましょう。まずは医師からの厚い信頼を得るのが鍵となります。そのためには、相手の都合を考えて行動することも大切です。医師も忙しくなかなか時間を取れないので、医師がいない時間でも医局に行き、事務作業をしたり夜遅くに訪問したり、医師と二人で話が出来るように機会を伺います。話が出来る機会が持てたときには、医師が必要としている情報を的確に提供できると良いでしょう。これらは、全て医師からの信頼を得るためには必要不可欠な事です。以上のポイントを活かして、優秀なMRを目指しましょう。