まずはMRとはどんな人たちかを説明します

MRと呼ばれる人たちがいます。Medical Representativesの頭文字をとってMRといわれる人は、製薬会社に勤務しています。自社の医療用医薬品をドクターや看護師さんなどに提供して、提供したところから、その医薬品の効き目や効果的な使い方、副作用などの情報を取集する仕事です。医療現場で使用されている医薬品の情報を入手したら、その情報を医療現場にいる関係者にフィードバックするのも仕事です。よく医療関係のテレビドラマなどで、ドクターをつかまえて医薬品をPRして、使ってもらうように営業している人がいますが、そのお仕事をしているのがMRです。ただ単に自社の製品を売るために動いているわけでなく、どの病気に効果的で、他の医薬品との併用が可能かどうか等、医薬品に対しての情報を熟知しておく必要があるのです。

セールスだけでなく薬剤情報の伝達もしています

毎日、病院や調剤薬局などに足を運んで仕事をしているMRの人たちは、薬の使い方を間違えると大変なことが起きてしまうのを知っています。もし自分がセールスして導入してもらった医薬品で問題がおこったら大変なことになりますので、自分がPRする医薬品については、細かい情報を知っておく必要があるのです。この医薬品を服用したあとは睡魔が起こることがある、妊婦さんには投与しないように等、副作用の事例や注意事項についても、細かい情報を伝えることで、医療機関も安心して導入することができるのです。そういうことから考えると、医療機関にとって、MRとしていい仕事ができる人が扱っている医薬品は安心して導入を検討できるといっていいでしょう。MRは日々の訪問で、たくさんのことを同時に行っているのです。

医薬品メーカーの看板を背負っている営業マンです

医療機関が医薬品を仕入れる場合の営業担当者がMRですが、その時の価格については、MRが医療機関と価格交渉を行います。いろいろな医薬品メーカーがありますので、同じような目的で投与されるものについて、価格交渉は大きな仕事です。最近ではインターネットで購入できる医薬品もあります。そして、医薬品に対しての副作用や効果についてもネットにさまざまな情報がアップされています。そこには正しいことも記載されていれば、全く根も葉もないことが書かれていることもあるでしょう。MRは医療機関と何よりも強い信頼関係を築くことが大切です。会社の看板を背負っているようなお仕事でもあります。とてもやりがいのある仕事であり、大きな責任がある仕事です。一度この仕事を経験すると、転職にも有利です。時間をかけて身につくスキルが多い職業です。

MR向けの職務経歴書の書き方もお伝えできます。 MRの転職向け非公開求人とは、インターネットや求人広告には載っていない、極秘の求人情報のことです。 今まで、MRは情報を提供する人というよりは、営業担当者(セールスマン)としての扱いの方が強かったのです。 お電話でのお問い合わせは月曜~金曜の9時~20時まで受け付けております。 高い賃金で大量に人材を募集している企業が転職市場においてでてきました。 MRへの転職なら「MR BiZ」で最新の業界動向をチェック!